第3回 Zoom白菊朗読会のご案内

f:id:kiku-art:20201005003040j:plain

こんにちは! 吉田菊子です。

 

ほぼ毎週木曜日の夜10:30から、20~30分、朗読をお届けする、

白菊朗読会。

前回、10月1日、中秋の名月の日にご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

今度は10月8日(木)です。

ZoomミーティングURLはこちらです。 

us02web.zoom.us

 

<朗読予定作品>

 

グレン・グールド
 メイソン・カリー著 金原瑞人・石田文子訳
 『天才たちの日課 クリエイティブな人々の
 必ずしもクリエイティブでない日々』より


「おなかのへるうた」、「きつねうどん」、
「青い青い秋ですよ」
 阪田寛夫作 『詩集 サッちゃん』より


「松茸と栗」
 池波正太郎作 高丘卓編『江戸前 通の歳時記』より

 

※ 著作権の関係により、許可のない録音、録画、写真撮影を、お断りいたします。

※ ご参加の方のマイクをミュートさせていただきます。

 

♪ Zoom白菊朗読会では、今後、以下の作品も取り上げる予定です! どうぞお楽しみに。

 

黒柳徹子作 『窓ぎわのトットちゃん』

遠藤周作作 『ボクは好奇心のかたまり』

佐藤愛子作 『九十歳。何がめでたい』

浅田次郎作 『パリわずらい 江戸わずらい』

さくらももこ作 『もものかんづめ

池澤夏樹作 『叡智の断片』

宇野千代作 『行動することが生きることである』

池波正太郎作、高丘卓編 『江戸前 通の歳時記』

向田邦子作 エッセイ

O・ヘンリー作 短編小説

加藤諦三作、『「本当の自分」はどこにいる』

日野原重明作、『僕は頑固な子どもだった』

加賀美幸子作、『ことばの心・言葉の力』

 

金子みすゞまど・みちお工藤直子吉野弘銀色夏生立原道造石垣りん谷川俊太郎茨木のり子阪田寛夫北原白秋サトウハチロー星野富弘などの詩